2008年10月の大暴落について - システムトレードで株式投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月の大暴落について

最近の株価の暴落振りに振り回されている方も少なくないと思います。


システムトレーダーにも、突入条件の浅いストラテジーを使用している人はかなりのドローダウンを喰らっていると想像できます。


私はというと、過去の記事を読んで頂ければ大体想像付くと思います。


過去の記事  ⇒  下落相場での対応 - 3 -



私が重要視している指標のひとつに騰落レシオというものがあります。


一般的に70%以下が底値圏といわれていますが、カウンタートレードで使用する際はこれでは下げが十分ではありません。


どの程度まで下げれば良いかというと60%を切った時にトレードすると、まず100%機能します。


システムトレードに限らず逆バリする人は、騰落レシオ60%以下を意識してトレードしている限り株式投資で負けることはないでしょう。


今回の下げは強烈ではあるものの、騰落レシオだけで判断すれば、決してありえない暴落ではなく、数年間で何回かは訪れる逆バリ投資家には美味しい局面です。


ちなみに最近騰落レシオが60%を切ったのは2008年1月(16日・21~23日)です。


同じ年に2回も発生するのは稀ではありますが、今回の暴落が想定外のケースかというと決してそんなことはない訳です。


ちなみに2008年1月は52.8%まで下げました。


今回の暴落は10月10日につけた54.4%が最低です。

そういう意味ではまだ下げる余地はないとは言えませんが、この水準から反発しない訳がないとも言えます。


今までトレードを我慢していた人には大きなチャンスかもしれません。


★関連記事
■-下落相場での対応 - 1 -
■-下落相場での対応 - 2 -
■-下落相場での対応 - 3 -

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

不安定な市況が続きます

不安定な市況が続きますね。

このたびの株価急落に関して、歴史・政策の観点からのレポートを書きましたので、興味がありましたら当方のBlogの、最新2つの記事をご一読ください。

また、お気に召しましたら、当方の麻生ロゴをブログのサイドバーなどに貼っていただけますと、幸いです。

2008-10-16 09:49 | from harepanda | Edit

トラックバック

http://kabusystemtrade.blog60.fc2.com/tb.php/22-60518319

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。