銘柄選別の重要性 - システムトレードで株式投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銘柄選別の重要性

カウンタートレードの場合、下落相場を主導している銘柄を売買対象にすると痛い目にあうでしょう。

あくまでも、相場の弱いときに連れ安している銘柄を投資対象とすべきです。

順張りとは戦略を変えなくてはいけません。


例えば2008年は不動産セクターが暴落しましたが、ストラテジーに従い不動産株にエントリーして大損した方もいるかと思います。


裁量で外した方もいると思いますが、私の場合はストラテジーの条件で外しています。

長期移動平均線乖離率や、ローソク足の形をストラテジーの補助条件として追加することにより、はずれを引く可能性はグッと低くなります。


大体暴落時には、ファンダメンタルズでは絶対に売買対象とならないような赤字垂流し企業がエントリー対象となります。

業績悪化により倒産が噂されているような銘柄も同様です。


そういう銘柄を裁量ではなくストラテジーの条件で外すように工夫することは、非常に重要だと思っています。


ストラテジーを構築する際は、売買対象を上場全銘柄としつつも、『売買代金XX円以上』等の条件で一部の銘柄を対象から外している筈です。

それと同様に、はずれ銘柄を外す条件を追加するべきだと思います。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

トラックバック

http://kabusystemtrade.blog60.fc2.com/tb.php/25-bc45928e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。