相場判定条件 - システムトレードで株式投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場判定条件

カウンタートレードを行う場合、成績を安定させる為に、多くの方が相場判定条件を使っていると思います。

相場判定条件は、「突入タイミングXX銘柄以上」とか「過去XX日平均サイン点灯数のX倍以上」が一般的かと思います。



他には日経平均株価等、インデックスと株価の移動平均乖離率や下落幅なんかを使用している方もいるでしょう。


私はそれ以外にも個別銘柄を相場判定条件に使用しています。


以下の銘柄群をご覧下さい。

7203 トヨタ自動車(株)

9437 (株)NTTドコモ

9432 日本電信電話(株)

8306 (株)三菱UFJフィナンシャル・グループ

7974 任天堂(株)

9501 東京電力(株)

4502 武田薬品工業(株)

2914 JT

7751 キヤノン(株)

7267 ホンダ

9433 KDDI(株)

9020 東日本旅客鉄道(株)

3382 (株)セブン&アイ・ホールディングス

6752 パナソニック(株)

9503 関西電力(株)

8411 (株)みずほフィナンシャルグループ

8316 (株)三井住友フィナンシャルグループ

9502 中部電力(株)

4503 アステラス製薬(株)

9022 東海旅客鉄道(株)

5401 新日本製鐵(株)

4689 ヤフー(株)

6758 ソニー(株)

8766 東京海上ホールディングス(株)

8058 三菱商事(株)

8802 三菱地所(株)

8308 (株)りそなホールディングス

4452 花王(株)

4063 信越化学工業(株)

6501 (株)日立製作所

5411 ジェイ エフ イー ホールディングス(株)

9984 ソフトバンク(株)

7201 日産自動車(株)

9531 東京ガス(株)

4568 第一三共(株)

8031 三井物産(株)

9983 (株)ファーストリテイリング

1605 国際石油開発帝石(株)

7011 三菱重工業(株)

6954 ファナック(株)

9506 東北電力(株)

8604 野村ホールディングス(株)

9508 九州電力(株)

5108 (株)ブリヂストン

6902 (株)デンソー

8801 三井不動産(株)

6971 京セラ(株)

2503 キリンホールディングス(株)

4901 富士フイルムホールディングス(株)

5405 住友金属工業(株)



これらの銘柄群は現在の時価総額上位50位銘柄です。(2008年12月5日時点)

日本を代表する企業ばかりです。

私はこれら銘柄を売買の中心とするだけでなく、相場判定条件にも使用しています。


特に時価総額上位の数銘柄は常にボラティリティが他と比較して小さく、安定しています。

しかし、稀にボラティリティが大きくなるタイミイグがあります。

そんな時は相場全体が暴落、または暴騰しているときです。



時価総額上位銘柄は相場全体に影響を及ぼす力を持っています。

なので相場判定条件として利用する事ができます。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。