資金量を加味した検証 - システムトレードで株式投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資金量を加味した検証

売買ルールを構築する際、資金量を加味した検証を行っているのかどうかは非常に大事だと思います。

同じ売買ルールでさえ、資金量により結果が違ってきます。


例えば、資金量200万円と2億円では結果が大きく異なってくると思います。


資金量を無視した売買ルールでは、資金量が無限に存在するという想定でしか検証することができません。

買いサインが点灯した銘柄が100銘柄あったら、全て買わないと検証結果と同じパフォーマンスにはなりません。

しかし、そんな事は現実的ではありません。

優位性のある売買ルールでトレードしていたとしても、資金量を加味した検証をしていなければ運用に失敗するかもしれません。



一般的には資金量が多ければ多いほど、投資は有利と言えるでしょう。

資金量の少ないトレーダーは不利な状況からスタートせざるを得ないのではないでしょうか。

だからこそ、より慎重に投資を始めなければならないと思います。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

トラックバック

http://kabusystemtrade.blog60.fc2.com/tb.php/4-5b3ce6ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。