ストキャスティクス - システムトレードで株式投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストキャスティクス

現在の株価が過去一定期間の価格変動幅のどの位置にあるかを数値化したオシレーター系テクニカル指標。


買われすぎ・売られすぎを判断し、株価の反転する地点で売買サインを出す指標で下記2種類がある。

・%Kと%Dを使用するファースト・ストキャスティクス

・%DとS%Dを使用するスロー・ストキャスティクス


【計算式】

%K=(終値-過去n日間の最安値)/(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値)×100

%D=(終値-過去n日間の最安値)の3日間の合計/(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値)の3日間の合計×100S%Dラインの算出方法

S%D=%Dの3日移動平均


期間は%Kが5日または9日、%D・S%Dが3日・3週間・3ヶ月を用いるのが一般的。



【売買タイミング】

2本のラインの位置関係で売り買いを判断する。

買いシグナルは基準ライン30%以下で%Kが%Dを上抜いたとき
売りシグナルは70%以上でKが%Dを下抜いたとき



【考察】

一般的な使用方法を把握する事は重要ですが、そのまま使用する必要はありません。

自分の使いやすいようにカスタマイズしちゃいましょう。


私は、ある程度長期間の変動幅の中で現在どれだけ最安値から乖離しているのかを確認するために良く使用しています。

株価がある程度一定のレンジで推移している株の場合、底値を把握するのに便利です。




★関連記事
■-200日移動平均乖離率のシステムトレード検証
■-200日移動平均乖離率×ストキャスティクスのシステムトレード検証 - 1 -
■-200日移動平均乖離率×ストキャスティクスのシステムトレード検証 - 2 -
■-200日移動平均乖離率×ストキャスティクスのシステムトレード検証 - 3 -

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。