移動平均線 - システムトレードで株式投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移動平均線

移動平均線は、過去任意の期間における株価(終値)の平均値を繋いだ線のことである。

5日移動平均線であれば、過去5日間の終値の平均値を繋いだ線となる。

移動平均線はテクニカル分析の指標としてもっとも基本的なものであり、多くの投資家が採用している。


計算式 : 移動平均 = 直近n日間の終値の合計 / n

25日移動平均線の場合、当日を含む過去25日間の終値を足して25で割った数値が25日移動平均となります。

そして、求めた数値を繋ぎ合わせた線が25日移動平均線です。


短期移動平均線として代表的なテクニカル指標は、

5日移動平均線
25日移動平均線



中長期移動平均線として代表的なテクニカル指標は、

75日移動平均線
200日移動平均線
13週移動平均線
26週移動平均線
52週移動平均線


等が挙げられます。


移動平均線は、株価のテクニカル分析で使用される最もポピュラーなテクニカル指標です。

システムトレードに限らずテクニカル分析をする上で、この上なく重要なテクニカル指標となります。

私自身、最も重要なテクニカル指標という位置付けで移動平均線を使用しています。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。